「桜からの手紙~AKB48それぞれの卒業物語~」通常版 DVD-BOX / 大島優子

「桜からの手紙~AKB48それぞれの卒業物語~」通常版 DVD-BOX

商品情報

Manufacturer : バップ
Label : バップ
Actor : 大島優子
Actor : 板野友美
Actor : 峯岸みなみ
Actor : 秋元才加
Actor : 仲川遥香
ReleaseDate : 2011-05-04
FormattedPrice :

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

エディトリアルレビュー

DVD版「桜からの手紙」

アイドル起用の企画ドラマとしては、
良い方だと思います。
しかし、やたらプロモのように流れるシーンに合ってないBGM、
説明不足の展開、編集の強引さなど、
細かいところがどうしても気になってしまい残念な感じ。
もちろん、AKBの姿勢としては、そうではなく、
コアなファンへのサービス的なアプローチ作品というものから、
純粋に演技に集中して頑張っている作品ではあるとは思います。
しかし、完成した結果としては、もう一歩。
突き抜けた感が弱く、
トータルとしては満足感にバラ付きがあると思いました。
単にAKBだから!好きな子が出てるから良い!
と割り切れば問題無いかもしれませんが、
1つのテレビドラマとして見てしまうと物足りず。
涙を誘うにも、
もう一歩足りない気もしました。
<演出>
最初は個々のエピソ−ドがオムニバス形式で展開。
その後は、最終回に向けて、1つエピソードに収束。
昔あった「おニャン子クラブ」起用のドラマシーリズのような、
お約束のベタ感は多少あるものの、
徐々に普通のドラマとして、自然に見れていく感じはある。
しかし、脚本が驚くような展開では無く、
桜と人物の対比が少し強引かなぁ。
最後のまとめ方も、絶賛できるようなアイデアではなく、
何だか惜しい。
<演技>
まず担任役の、上川隆也の演技が上手く、
これが大きな軸となって、AKBを引っ張っているため、
ある程度は見ることが出来ます。
しかし気になるのは、
やはりAKBの演技力のバラ付き。
ドラマ「斉藤さん」に出ていた、高橋みなみなどは、
目的意識をもって、自分が言いたいタイミングで言っており、
全く違和感なく自然に見れましたが、
その一方で、副担任役の篠田麻里子は、とても残念。
滑舌の悪さもありますが、一部のセリフは、棒読みのよう。
自分の言いたいタイミングで言葉が出ておらず、
言わされているような印象で惜しい。
途中までの良い流れも、これが原因で切ってしまうのが勿体無い。

DVD版「桜からの手紙」

TV版ではカットされた映像が多数盛り込まれていて、別のドラマの様です。
TVで初めからこの様に放送して欲しかったです。
TVでのCMのカットもテロップ無しで入ってます。
ドラマとしての完成度は明らかにDVD版の方が良い。
DVDをレンタルするか、買わないと楽しめないのが悔しいので★1つカット。

ストーリー自体は◎...でも短すぎる(-.-;)


AKBのドラマという事ですごく楽しみにしていました。
う〜ん(^_^;)
まぁ、演技力的なものは仕方ないとして..
ストーリー自体は全然よかったと思います(^o^)/
担任役の上川隆也さんがとても良い味出してます?`
問題は尺が短すぎる事(-.-;)
普通、そんな早く物事が解決する訳ないだろ?!と言わざるを得ない程短すぎて..
せめて..
一人のストーリー「10分×3」を
「30分×3」くらいにはしてほしかったですね。
まぁ、色々と忙しいと思うのでしょうがないとは思いますが..(-.-;)
でも、まぁ..結果的には面白かったと思います!
個人的には..
あっちゃんのエピソードは勿論..
ゆきりんとこじはるのエピソードは感動しました( ̄∀ ̄)
では、長文失礼しました。

はじめて購入したAKB48ドラマ

音楽以外ではバラエティでのTV出演は多いが、
ドラマはコマ切れでしかも深夜に放映。
そこでDVD購入となった。
AKB48作品としてはよくできており、
主力メンバーがメインになるサブプロットをたくさん作り、
楽しませてくれる。
多少むりがある面も見られるが、さほど苦にならない。
最大の難点は価格です。
特典映像のSDカードをはずしてして9,800円、
本編のみ2枚組DVDで5,000円未満が妥当と思う。
発売日が2度延期になったが、
予約開始の初期時点より
本DVD BOX以外に低価格な製品を同時発売し、
購入時に選択の余地余地を与えてほしい。

放送時間の件はCMが異常に多い為だと思います。

今回、待望のドラマをTVで観ましたが、しょうがない事なんでしょうがスポンサーのCMが良いシーンで差し込まれる為、せっかくのドラマが盛り上がりと繋がりに欠けてしまってます。TV放送は諦めたとして、DVDの収録時間も180分でなく、せめてTV放送分+αの240分の完全版として収録して、あとは特典映像を120分ぐらいおまけでつけて欲しいと思う。最近特にAKB48のメンバーの皆さんが各番組にソロで出演しているのを良く観る機会があるので、このドラマも期待度も高いと思いますので、中途半端にならずファンの皆さんや一般の方々も納得のいく作品にして欲しいし、DVDも完全版仕様にして期待を裏切らない物にして頂きたいと思います。TV放送はCMのせいでストレスが溜まる内容だと思いますので、製品版に期待したいと思います。

作品としてではなく、商品としての評価

作品自体は、あっさりしてると感じつつも良く出来ているというか、安心してみられる楽しい作品で、☆5に相当します。
短いので1日で見終わりました。
メンバーもマジすかより演技力が上がってる様に思います。(一部の人は残念ながら棒読みっぽかった)
ただ、売り方が気に食わないです。
何故単品版だけに映像特典をつけるんでしょうか?
これじゃあ豪華版の響きが嘘に聞こえます。
こんな所でお金をかけてどうするんですか?
悔しいから単品版も購入します。
スタッフさん。
とりあえず忠告します。
一刻も早くこういう売り方を改めなければ、いつか必ず足元すくわれますよ。

キャスティングの妙!!!

一つ一つのテーマが、
実は深く、広げようと思えばいくらでも広がる。
まず、“尺”ありきなんでしょうね。
要するに、
先生からの手紙に答えを凝縮している訳で。
逆に、全部をキッチリ描いてしまったら面白味無くなるかも…
想像の余地を視聴者に与える事で、
あなた達も人生もがき苦しんで、それでも前向きに答えを見つけなさいよ!
みたいな(・∀・)
私は肯定的に見せて頂きました。
でも、このキャスティングは凄いですね!
まゆ・佐江、ゆき・りえの組み合わせとか。
キャラクターがいきていて、リアリティもありました。

作品はいいのだが…惜しい !!

作品評価を別とすれば、ちょっと期待はずれ感あり。
TV 放送をまんま DVD 化しただけ、って感じ。CM のナレーションと、CM が無いだけでとくに工夫なく DVD にしました、って感じの商品だなぁって思いました。
おまけの DVD も放送されたものが大半だったし。
CM ショットのときにスポンサーナレーションが無いのがかえって異様な感じを受けました。TV 放送で既に見ているからだと思うのですが…。
DVD なので、ビットレートの上限がデジタル放送より低い分、精細感はデジタル放送のほうが良いと思う (デジタル放送の画質が良い、という意味ではないです、あのブロックノイズが気になるデジタル放送が今後の放送規格かと思うとぞっとします)。
最初、精細感が無いのが気になるけど、見て行くうちに慣れてきて、こんなもんかなって思うようになるのがちょっとむなしい。
CM が無いのが唯一とも言えるメリットかも。
microSD のインタビュー映像もいいけど、画質がさらに良くないから、microSD じゃなくてせめて DVD も用意してくれれば良かったかも。
それでもコレクションとしては良い商品です。
たかみながメインって感じですかねぇ、このドラマ。
値段もそう高くはなかったし、買ってもいいと思いますよ。

期待してたものとは違った

 本人たちも撮影中であることをブログ等で話していたし、期待はしていた。
しかし、内容は少し期待を裏切られたようなものでした。
メンバーが多いので、一人一人にスポットをあてるとドラマは長くなってしまう。そうかと言って時間を短くすると話がすぐに解決してしまう。
男性を好きになる話や進路の問題など高校生であれば誰もが悩む問題がドラマの中で比較的短い時間で解決してしまっていたように思える。
最近の通常のドラマでは、45分番組で1クール全10話のうち1,2回分では描かれる問題がこのドラマでは10分×3回くらいで終わっている。さらに30分で3話という放送のスタイルで、1つの話の続きが2,3日後になる。そのため始まるときに前回の話を振り返るので実際の話がさらに短くなっている。マジスカ学園のように30分スタイルの方がわかりやすいし、わかりやすいと思う。
 とても多忙な彼女たちであるから、長い期間ドラマの収録で拘束するのは難しいのであろうが、せっかく作るのならばじっくりと作ってもらいたかった。
 
 

言いたい事山積み

早めにBOX予約していたんですが実際に本編を観てみて一万以上出して買う程ではないと判断しすぐにキャンセルしました。
まずストーリーについてですけど何故AKBのドラマは余命関係が絡んで来るのだろうか?実話でない限りはそう言う結末はなるべく避けてもらいたい。マジすかとは違って今回は予告済みなのもどうかとは思いました。一度はストレートなスッキリする結末を用意して欲しいです。あと推しメンの話は結構楽しめますけどそれ以外が退屈過ぎます。話の内容がそもそも平凡なので興味無いメンバーの時は結構辛いです。
演技については一応ファンではありますがハッキリ言って彼女達にその部分を求めるのは酷なので期待はしていませんでしたが、それにしても大半が下手で役者志望の大島優子でさえ危うかったです。共演の本当の役者さんと比べると差は一目瞭然。ただかわいいでのでその辺りは楽しめてはいますが、演技的には申し訳ないですがこれは地上波で堂々と流すレベルでは無くスカパーレベルです。理解しているファンじゃなければ楽しむのは難しいです。
個人的にはマジすか学園の方が全然マシだと感じたと同時にどうも彼女達は自由奔放的なありのまま演技よりヤンキー、時代劇、前田さんよりロボットなど型にはまった演技の方が向いてると思いました。
ドラマを通して観ると話の対象人物が入れ替わり立ち替わりでその度にOPが入ったりするので全体的にテンポが悪い。いっその事一繋ぎにするかもしくは映画にして欲しかったですが、それ程の内容なのかと言えば首を捻るところ。結局人気メンバーの話しかないのも気に入らない部分。
今後またドラマや映画はあるでしょうが制作するならもっとメンバーの事、AKB48全体の状況を把握した上でそれなりの思考を凝らして制作して欲しいです。もう少し他のメンバーにチャンスを与えて下さい。

商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

INDEX

Copyright 2014 AKB48まとめデータベース All Rights Reserved.