カヌチ 二つの翼(限定版) - PSP



カヌチ 二つの翼(限定版) - PSP

カヌチ 二つの翼(限定版) - PSP

発売日:2010-12-16
商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

夢中です。。
PS2版は未プレイです。
ファンタジーモノと桐矢さんの描くイラストが魅力的に感じたので早い段階で予約していました。
白き翼の章から黒き翼の章へと2枚組み仕様です。
倒れた養父の代わりに都会へ移り、鍛冶師を目指し生計を立てていく中で、
主人公アキ(名前変更可能)の中に遠い昔、神話時代に存在した人物カヤナ・タカマハラ(名前だけ変更可能)が乗り移ってしまう
ところから物語が本格的に動き出していきます。
白から初めて黒へプレイして二人EDを迎えましたが、想像以上のボリュームです。
PS2版での評価は頭の片隅に置いていたつもりでしたが、W主人公は、カナヤの存在は想像以上に痛かったです。
理不尽な気持ちでいっぱいでした。少し冷静にプレイできなくて、そんな自分に反省したりと。。(苦笑)
ここは「本気」でプレイするユーザーの事を頭にいれて欲しかったです。
ですが、神話(?)が絡んだ世界観(消化不良な部分もあります)と生き生きとしたキャラクター達は不動な魅力を放っています。
同じ世界なのですが、白のタカマハラ国と黒のヤスナ国の雰囲気が対照で印象的でした。
シナリオを手がけている人の得意分野なのではとつくづく感じるのですが、共通ルートなどのキャラクター同士の掛け合いなど
とても面白いです。絶妙です。
 攻略キャラクター達は個々の葛藤を抱いていて、個別ルートに入っていくとその部分が顕著に、現われてきます。
本筋に添ってそれぞれのキャラクターのルートに入っていくので、流れは似てしまうのですが、
ひとつひとつのエピソードが、何気ないやりとりさえ心に染みました。間というか二人の距離感に切なくなります。
甘さは薄いけれど私はとても満たされました。。
(『白』だけではなく『黒』まで通してという意味で。←重要です。
黒の章は後半が急いで進みますが、それでも心に残るものがあります。)
恋愛の価値観、幸せの価値観は人それぞれという意味を強く噛み締めさせられました。
システム操作はとても快適で快感すら覚えます(笑)
鍛冶パートは材料の種類が思いのほか多く作りが凝っています。作業が単純に面白く、燃えます!
グラフイック周りは「間違いなく」秀逸です。この作品を彩る大事な要素だと思います。
音楽も劣らず素晴らしいです。。この作品になくてはならない存在感を醸し出しています。
(サウンドトラックが入っている限定版を買って本当によかったです。。
また、サントラとドラマCDを収納しているケースも書き下ろしでとってもお得です☆)
今回のPSP版の追加で後日談も予想よりボリュームがあったり、きちんとボイスや途中イベント絵が入っていたりと、
PS2版でプレイした人でも楽しめるのではないかと思います。(個人的に後日談があってすごく嬉しかったのですが、
後日談がない方が物語が生きたんじゃないかなというキャラクターもいました。)
考えてしまう程、W主人公のシナリオのバランスが悪いのでマイナス☆一個は拭えませんが、
それを差し引いても私は鷲掴みされた作品です。
やっぱり好き
PS2版もやりましたが、PSP版も欲しいので購入。
内容はほとんど変わらず、白のとあるキャラがカヤナ派なので−1です。やっぱりやっていくうちにアキ=主人公と思うのが普通だと思うので、少々、いやかなり嫉妬しそうになります(笑)
しかし!黒のキャラは皆アキ派なので安心してできます!たしかに全体的に先が読める展開だけど、絵も音楽も素敵だしやっぱり好きです。どちらもキャラも魅力的なので、ぜひPSP版でやってみてください。
依頼や採取、鍛冶は多少面倒ですが、普通に楽しいです。そんなに躍起にならなくてもクリアできると思います。 ただ30日ごとに集金があるので少しはやった方がいいです。あと鍛冶レベルも上げた方が楽かも。
システム機能について追記。 非常に快適です。インストールが2つ分ありますが、その分読み込みも少なくストレスなしです。スキップ機能も充実しています。
一通りクリアしたのでさらに追記。
まず言いたい事は、白の方で諦めないでください。黒の方では白のキャラも多少報われています。後日談まで頑張ってみてください!
話自体は大して面白くはない
華ヤカ哉、我ガ一族が好きで、同じ制作元ということで購入しました。PS2のレビューで構えてた分そんなにダメージも少なかったです・・・が、言われていたことはプレイしてよくわかりました。白・黒全員クリアできたのでレビューします。
・W主人公設定について
白の章:主人公がアキとカヤナの2人ということで、攻略キャラも2人で折半。クラト・オウバ・クガミはカヤナ派。シン・ミトシ・隠しはアキ派。ウキツもアキ派・・・だと思うんですが、私にはそうは見えず、なんだかどっちつかずの中途半端に感じました。全体的にカヤナ贔屓め。ご自身の気になるキャラがどっち派なのか確認してからやると耐性がついていいかもしれません。
黒の章:黒の章で登場するキャラはみんなアキ派ですが、白のキャラもアキのことを好きになります。黒キャラがアキを好きになるのは分かるんですが、カヤナ派だった白キャラがアキのことを好きになるのは些か無理があると感じました。もう頭から白キャラは攻略キャラではない。白キャラは黒キャラ攻略への布石。白キャラとの恋愛を期待しない。というのを頭においてプレイすると案外楽しくプレイできます。私は黒キャラ以外は非攻略キャラだと思ってやったので、黒キャラを振ってまで白キャラを選択をするのがツラかったです。
・内容について
世界観をしっかりさせたかったが故か専門用語が多く、度々置いてけぼりをくらいます。太陽をソル・月をルアなど。話の内容も白黒通してプレイしても謎が明かされていない部分があったり、強引な展開だったりでポカーンとしてしまうこともしばしば。イミナの必要性も全く感じず、「この設定あるから無理やりねじ込んどこ」感がプンプンします。話の流れも大体同じなので周回プレイになるとダレます。+恋愛要素が強引で何回「なんでやねん!」とPSPに突っ込みを入れたことか・・・。エンディングに納得がいかないものが多いです。ヒノカのエンディングの語りが酷過ぎて笑いました。
話は物凄くイマイチ・・・イマニぐらいですが、鍛冶パートは楽しくて結構ハマります。日にちを計算して材料を採取して作って売って・・・気がつくと話そっちのけで材料採取してます。黒の章では黒キャラが付き添いで採取場まで着いて来てくれるので二倍楽しいです。(白と比べると黒のほうが鍛冶は難しめですが、ワンドの作業に比べると優しいです)
・追加要素について
元々PS2版でついていた後日談+追加シナリオ+追加シナリオとスチル。
という感じで追加されていました。PS2版ではたったアレだけの後日談しかなかったのかと思うと背中が寒くなりますが、追加されてた分は気になる部分を補足してくれていたのでよかったです(といっても強引だし、あの展開を説明するにしてはやや短いですが)追加のスチルは酷い出来栄えです。色塗りが変わったとかそういう以前の問題です。塗る気あった?描く気あった?て本気で聞きたくなるような酷さ。確かにカヌチ自体、絵柄や雰囲気に特徴のある作品なので好き嫌いはあるかと思いますが、どれも丁寧に描かれていたので好感を持てました。なのに追加のスチルでこの酷さ・・・萎えます。
甘い恋愛がしたい・話命!という人にはオススメできませんが、空気主人公ってどんなもんじゃい・黒キャラ以外興味なし・鍛冶パートに興味ある、という斜め目線の人は是非ともチャレンジしてもらいたいです。なんだかんだでフルコンプしてしまうほど「やろうか」という気にはなるゲームです。限定版特典のCDは凄く面白かったです。高木さんはこういうの得意だなあとしみじみ。
華ヤカと同じシナリオライターさん
あの良作「華ヤカ哉、我ガ一族」と同じシナリオライター(高木さん)が手掛けたということで購入しましたが……
買って大正解でした。
ただキャラ萌えだけするだけの近代の乙女ゲームとは全く違います。
壮大な世界観、よく練り込まれたシナリオ。
さまざまな運命や悩みを抱えている彼らの人間関係(攻略対象キャラは16人)
これらが「カヌチ」の最大の魅力だと思います。
彼らが繰り広げる物語は本当に壮大で、切なく、強く胸を打たれます。
そして心理描写が非常によくできていて素晴らしいです。
さまざまな運命や悩みに立ち向かう彼らの心情に、何度も何度も胸を締め付けられました。
また、最近の乙ゲーは攻略キャラがいきなり主人公のことを好きになっていますが、この作品は全然そんなことありません!
攻略キャラが主人公のことを好きになる過程もちゃんと描かれております!
演出方法なども文句無しです。
目パチ口パクはもちろんのこと、背景の雲が流れていて本当に時間が流れているように感じました。
そして一番驚いたのが、キャラ達が向き合って会話しているところです!!
カヌチは立ち絵が豊富なので、キャラ達が向き合って話してるように見えるんですよね!
立ち絵の豊富さを生かした戦闘シーンは本当にかっこよかったです!
これらの演出方法により、今までの乙ゲーにない臨場感が味わえました(*^^*)
音楽やスチルなども、乙ゲーには勿体ないくらいのハイクオリティで「カヌチ」の世界をより引き立ててくれます。
最後に補足ですが…
この「カヌチ 二つの翼」は
「白き翼の章(前編)」と「黒き翼の章(後編)」の2つのUMDで成り立っています。
「白き翼の章(前編)」は物語の序盤といった感じで、まだ恋愛にまで発展しませんが……
「黒き翼の章(後編)」から壮大な物語の幕開けで、ちゃんと恋愛もします!
なので前編でつまらないな〜と感じた方も、ぜひ後編までプレイして下さいね!
本当に素晴らしい作品ですので、「カヌチ 二つの翼」オススメです!
是非プレイしてみて下さい♪
FD希望等、今後の発展に期待しております。
中毒になった
テーマは
『愛し合うことが
すべてではない』
【シナリオ】
恋愛要素が全体的に不足
主人公前半空気
キャラは良すぎる
謎放置
【音楽】
限定版のサントラは
8時間超えていました
つまりそれほどたくさんの種類の
曲数があります
世界観にぴったしで
素晴らしい
【グラフィック】
目パチ口パクあり
かなり癖がある絵
背景まで細かく
スチルも大変美しい
【システム】
全部で100時間は超えられる内容量
のため細かいスキップ指定可
鍛冶の作業あり
そんなに難しくなく超楽しい
システムは快適すぎ
シナリオ再生も全部可
【総評】
クリア後はかなり疲れます
作業もあるしシナリオの長さでもあります。
ただ、私の場合は萌えすぎて疲れます。
キャラと世界観は本当にいい
終わってほしくない
シナリオで引っかかるところはオオアリでしょうが
これはハマる人は大いにハマる
本当に楽しかったけれど
人に薦めるとなると
おススメできないです。
でもやっぱりシナリオに難があるので−☆1で
世界観とキャラメイクが最高w
PS2版カヌチ白&黒両方プレイ済みです。
PS2版で音楽も素敵だったので、PSP版が出ると聞き迷わず
サントラ付きの限定版を購入しました。
サントラの内容ですが驚きの収録時間(白黒二枚組)でびっくりですが
壮大な雰囲気のRPGゲーに使われてる音楽かっ?というくらい良質のBGMです。
戦場で流れてるBGM聞くと「あぁナセキに来たなぁ〜」とゲーム画面が脳裏に
浮かぶほどの印象に残る音です。とにかくカッコいい。
サントラ付き限定版にしたかいありました。
ゲームの内容ですが
ノベルゲーですがRPGのノリが好きな方は楽しめるのではないかと思います。
世界観のイメージが(個人的見解です)
白のタカマハラ国=共和国軍、黒のヤスナ国=帝国軍 のような雰囲気だと思いました。
その世界観を生かして物語が進み、国が変わると色彩も
白色調→黒色調の背景で統一されているところは素晴らしいです。
スチル絵の細かなグラフィックが感動です。
ただ、このゲームはあくまで乙女向けゲームなのですが…
恋愛要素は白き翼の章では殆ど無いと思っていたほうが良いと思います。
それとW主人公の戦女神が良くも悪くも出張りますので
置いてけぼりくらってポカーンとなることも多いですが、
「来たなっこれか!例のポカーン(笑)」
と思えれば黒までの攻略がより楽しくなるかもしれません^^
攻略キャラは「萌え」より「燃え」が目立ちます。でも魅力的です。
白き翼の章で稼いだお金、「鍛冶」で作った武器等黒き翼の章に引き継げますので
鍛冶パートのやり込みにはまるとやみつきになるかもしれません。
黒の翼の章では恋愛要素もキチンと描かれています。
ただし、白からの引き継ぎで白ディスクに出ているタカマハラ国の攻略キャラも
黒ディスクで急ぎ足で恋愛に絡めてきますので
白の攻略キャラの恋愛要素は薄味だと認識されてから
攻略されるほうがいいかな〜と思います。
好みが分かれるシナリオかと思われますが、世界観やキャラに引き込まれれば
とても楽しく攻略できるかと思います。
PSP版の追加要素ですが
本編のシナリオも加筆、修正してあります。(クラ様とか)
加筆部分はもちろんキャストさんも声を入れなおしてます…
これはなかなか追加要素としては嬉しいオマケでした。
コンプ後の後日談シナリオも追加ありまして
スチル付きのシナリオです。
スチルは若干…これ誰?みたいなモデルチェンジ絵に
なっていますが^^; それもカヌチクオリティー(笑)楽しめます。
ぜひカヌチの世界にどっぷりはまって下さい
長文失礼しました。
すき
まだ白の章の途中ですが、ハマりまくってます!どのキャラも気になるところで終わっていて、早く黒の章をやりたい!って思っちゃいますが、まずは白の全クリア目指します☆ ただ、カヤナ派とアキ派に別れるのはつらい…カヤナはカヤナであって、主人公として見れないため、複雑な思いでプレイしてしまいました。幸い、個人的に好きなキャラがみんなアキ派だったので救われましたが、自分の好きなキャラがカヤナ派だったら途中で投げ出すかと…。ウキツとアクトが大好きなので、黒の章もがんばります!
特に後日談が素晴らしかったです
このゲームは白の章(前半)・黒の章(後半)と2つのUMDに分かれています。
ストーリーはタカマハラ国のはずれにある村で育ったアキという少女が、育ての親が倒れたことをきっかけにして、鍛冶師として生計を立てようとするところから始まります。
そして、アキは神話時代の戦女神・カヤナという少女に憑依されて、そのことがきっかけでタカマハラ国の王様や王様の警備隊の人々と接することになるといった感じです。
後半の黒の章では、タカマハラ国の敵国・ヤスナ国の王様・王様の実行部隊の人々(あと、タカマハラの王様・警備隊も)と接します。
攻略人数はタカマハラの6人、ヤスナの6人、そして白の章で1人、黒の章で1人、神話時代で2人の、計16人になります。
私はまず白の章を一通りプレイして攻略し、黒の章をすべてプレイしました。
白の章での感想・・・これは乙ゲーなのか!?と驚きました。主人公のアキは攻略キャラによっては、完全空気、カヤナメインで主人公は置いてけぼりです。攻略キャラによってはアキを気にはしてくれますが、しかし、カヤナが結構絡んできます。乙ゲーではなく、普通のシナリオと考えると世界観などとても良いのですが、乙ゲーとしてプレイしていると結構つらいものがありました。
黒の章での感想・・・耐えた甲斐があった!!!ストーリーも素晴らしいけれど、なんといっても、後日談!!!後日談はちょっとつけ足しではなく、きちんとボリュームもあり、また大満足できる話でした。フルボイスで、スチルもだいたいのキャラが2枚ずつあり(2人くらいスチルが1枚でした)、それも良かったです。
白の章でカヤナ贔屓の攻略キャラたちが、黒の章・後日談を経てアキへと向き合うまでの過程も、自然で共感できるものでした。また、それに対するアキの心境も筋が通っています。
黒の章のキャラは乙ゲーらしく、初めからアキと向き合っているので、それも良かったです。
また、2本のゲームを通して、カヤナが大好きになりました。白の章があったからこそ、アキとの友情も確固たるものになったのだと思います。
世界観もファンタジックで掘り下げられているし、とても楽しめました。ボリュームも悲鳴を上げるくらいで、全キャラ攻略するのにとても時間がかかってしまいました。捨てキャラは一人もおらず、どの攻略キャラのルートも心に残るものでした。
それにしても、後日談は、本当によかった!何度でも言いたい、後日談は素晴らしいと。後日談があるからこそ、それまでの道のりも心に残ったといえます。
あとカヌチとしての作業ですが、最初はきちんと依頼をこなしてお金をためて、ある程度になったら次回からは、レベル上げに簡単な武器のみ作成して依頼をしなければ楽だと思います。依頼をこなそうとすると、白の章は良いのですが、黒の章で息切れしてしまう可能性ありです。
お気に入りのゲームになりました!
まずほぼ会話でストーリーが進んでいくので読まされてる感が無いのがいいです。
攻略する毎に新しいイベントが発生するので周回プレイもあきませでしたし、
かかなり細かくスキップの設定が出来るので快適です。
あと目パチ、口パク背景などがとても丁寧につくられてます。
どんどん続きを知りたくなって久々に徹夜しました。
PS2 版などのレビューにあるようにW主人公や、えっ!て思うような解せない謎な部分もありましたが、
それが気にならない位、はまってプレイしました。
(他の方々のレビューのおかげで免疫があったからかもしれませんが)
キャラクター達がとても魅力的。
攻略人数、ストーリー共にボリューム満点です。
残念なのは、部屋と選択肢では簡易セーブが出来ないのが不便。
あとバックログがたぶん回顧録単位でしか戻れないから使えない。
うっかりスキップしちゃうともうバックログ残ってなかったりして。
スキップ機能は充実してるのに…。
鍛治パートなかなか楽しいです。
でも、あきたり面倒になったら、ある程度のお金を貯めればやらなくても
なんとか攻略出来ました。
あとは黒の章での隠しと残った依頼をこなしてミニドラマと
ボイスゲットにはげみます。
お気に入りのゲームになりました!
ちなみにアクトと無いと思ってたタカミがお気に入りです。
華ヤカと同じシナリオライターさん
あの良作「華ヤカ哉、我ガ一族」と同じシナリオライター(高木さん)が手掛けたということで購入しましたが……
買って大正解でした。
ただキャラ萌えだけするだけの近代の乙女ゲームとは全く違います。
壮大な世界観、よく練り込まれたシナリオ。
さまざまな運命や悩みを抱えている彼らの人間関係(攻略対象キャラは16人)
これらが「カヌチ」の最大の魅力だと思います。
彼らが繰り広げる物語は本当に壮大で、切なく、強く胸を打たれます。
そして心理描写が非常によくできていて素晴らしいです。
さまざまな運命や悩みに立ち向かう彼らの心情に、何度も何度も胸を締め付けられました。
また、最近の乙ゲーは攻略キャラがいきなり主人公のことを好きになっていますが、この作品は全然そんなことありません!
攻略キャラが主人公のことを好きになる過程もちゃんと描かれております!
演出方法なども文句無しです。
目パチ口パクはもちろんのこと、背景の雲が流れていて本当に時間が流れているように感じました。
そして一番驚いたのが、キャラ達が向き合って会話しているところです!!
カヌチは立ち絵が豊富なので、キャラ達が向き合って話してるように見えるんですよね!
立ち絵の豊富さを生かした戦闘シーンは本当にかっこよかったです!
これらの演出方法により、今までの乙ゲーにない臨場感が味わえました(*^^*)
音楽やスチルなども、乙ゲーには勿体ないくらいのハイクオリティで「カヌチ」の世界をより引き立ててくれます。
最後に補足ですが…
この「カヌチ 二つの翼」は
「白き翼の章(前編)」と「黒き翼の章(後編)」の2つのUMDで成り立っています。
「白き翼の章(前編)」は物語の序盤といった感じで、まだ恋愛にまで発展しませんが……
「黒き翼の章(後編)」から壮大な物語の幕開けで、ちゃんと恋愛もします!
なので前編でつまらないな〜と感じた方も、ぜひ後編までプレイして下さいね!
本当に素晴らしい作品ですので、「カヌチ 二つの翼」オススメです!
是非プレイしてみて下さい♪
FD等、今後の発展に期待しております。
商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…
円環のメモーリア-カケラ灯し- - PSVita
紅色天井艶妖綺譚 二藍 - PS Vita
真紅の焔 真田忍法帳 - PSVita
忍び、恋うつつ -甘蜜花絵巻- - PSVita
戦場の円舞曲 - PS Vita
蝶々事件ラブソディック - PSVita
スチームプリズン -七つの美徳- - PSVita
悠久のティアブレイド -Fragments of Memory- - PSVita
ハイリゲンシュタットの歌 - PSVita

PSP壁紙画像倉庫